最近のトラックバック

« 12月上旬まで | トップページ | できる登記は自分でしよう(住所変更登記) »

2008年1月25日 (金)

できる登記は自分でしよう(滅失登記)

さて、今回は登記の話です。不動産を買ったら絶対にやらないといけないことの一つです。いや、全部やらなくてもいいんだけど、やらないと銀行はお金を貸してくれません。普通は司法書士にお任せしてしまうのですが、この金額もバカにならないので自分でできるものは自分でしました。

自分で行った登記は、
①滅失登記
②住所変更登記
③表題登記
④保存登記
の4つです。

詳しい登記の仕方は「自分で」「登記」などで検索すればいくらでも説明してくれるページが見つかるのでそちらへお願いするとして、苦労した点などを記載していきます。

○すべての登記に共通
登記書類を作成したらいきなり提出するのではなく、まず相談窓口で確認してください。少なくとも横浜法務局栄出張所の職員は丁寧に対応してくれました。役所で「お客様のご意向は」などという台詞を聞いたのはびっくりしました。①の登記の提出時に②の相談、というように次の登記の相談ができると法務局へ行く回数が減らせてGoodです。
それから、住民票のように何度も使う書類や、建築確認済み証等手元にないと困る書類は「原本還付請求」をしてください。住民票の値段も何枚も取るとバカになりません。
申請書は正副必要と説明しているところが多いですが、法務局がオンライン局になっている場合、副本を必要としないようです。

①滅失登記
古い家の登記が残っていては新しい家の登記が出来ませんので、まずこちらをします。滅失してしまえば住所変更する必要もないので②住所変更登記よりも先に行いましょう。建物にも銀行の抵当権がついているので、抵当権者にあらかじめ相談をしておく必要があります。うちの場合、新しい家の融資申込みをした時点で銀行から滅失登記の許可が下りました。銀行からは特に覚書等はもらいませんでしたが、法務局で銀行の支店と担当者名を聞かれました。法務局から電話で確認をするそうです。
申請書類自体は非常に簡単。特に難しい書類を作る必要はなく、解体業者から必要な書類を集めて、申請書を作るだけです。

さて、文章ばっかりで長くなっちゃいました。②住所変更登記は次回に回します。

« 12月上旬まで | トップページ | できる登記は自分でしよう(住所変更登記) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できる登記は自分でしよう(滅失登記):

« 12月上旬まで | トップページ | できる登記は自分でしよう(住所変更登記) »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ