最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

それでも家は出来ていく

さて、思わずOさんに対する愚痴を書いてしまいましたが、それでも家作りは進んでいきます。

まず、お風呂が入りました。
P1020828
暖色系の暖かそうなお風呂にしましたが、 写真でわかるでしょうか?

天井もくみ上げ始めています。
P1020841
ベランダに面したサッシも入りました。

天窓も付きました。
P1020842
問題は、屋根のガルバリウムがまだ来ていないこと。天窓の雨仕舞がまだできていないので、雨漏りしています。

2階の方も天井を作り始めています。
P1020849
天井を梁ぎりぎりまであげています。これはなぜかというと、図面の天井高は梁の太さを考慮しておらず、図面通りではぜんぜん天井が納まらないためです。配線などを通す余地がなく、梁に穴を開けざるを得ませんが、それでも建築申請図面より天井が下がってしまうそうです。

これは3階も同様で聞いている話よりもずっとずっと天井高が下がっています。窓も天井の高さが図面と合わないため、納めるのに苦労したそうです。平面図上では一見収まってそうに見えるけれど、実際現場を合わせて見ると全然寸法が合わないところだらけです。そんな状態ではありますが、そこはベテラン大工の中村さん。「いまさら柱や梁は動かせないが、その中で最大限スペースを取れるように納めますよ」と言ってくれています。一度請け負ってしまった家は、なんとか最後まで仕上げようという気概が頼もしいです。

問題となっていた玄関サッシも付きました。
P1020850
外壁も防水シートが張りめぐられたのがわかります。玄関サッシはまだ付けただけで下から支えていないので敷居を間違って踏むのは厳禁です。

2007年9月25日 (火)

現場主義

さて、建築もいろいろ進んでくると、思いもしなかった問題も起きてきます。

何が一番困ったかって、玄関が収まらない。もともと基礎の配筋を始めたときに、玄関部分を立ち下げているようには見えず、指摘したところでようやく玄関部分を立ち下げました。今思えばあの時点で計画をしっかり確認しておけばよかったのかも知れません。

プレカットの木材が入って上棟がありましたが、これも入り口がない。大引きが玄関のところにまで横たわっています。大引きは木材なので、アンカーボルトを確認してノコで切断。しかし今度は玄関の立ち下げ部分の幅が狭く、横幅を広げるために基礎をはつりました。

最大の難関は敷居。玄関のタタキよりも50mm以上も高く、明らかにまたがないと出入りできません。床高を抑えている関係で、2階床はタタキからの高さが30mmしかないのですから、このままでは一度水が入ったら家の中が深さ20mmのプールになってしまいます。

Oさん曰く、「雨水を升まで流すのに玄関前を通してぐるっと家を一周させる必要があり、配管の一番低いところから勾配を確保していくと、敷居の高さをここまであげないと屋根の雨水が流れなくなってしまいます」とのこと。屋根の雨水の処理も大事ですが、玄関からの浸水はどうしたらいいんですかぁ?大体、もらっている図面では敷居はこんなに高くなく、搬入されている玄関サッシもそれに合わせてありますから、玄関サッシも入りません。つまり、はじめから計画されたことではなく、やってみたらこうなったということです。

大工さん、設備屋さん合わせてすったもんだした挙句、雨水計画は見直しで玄関前は雨水配管を通さずに南北に振り分けることとし、玄関から道路までは傾斜をとって水が流れるようにすることとなりました。(一部は浸透升を設置して誘導)

雨水を南北に振り分けることにした代償は南側の雨水配管が基礎との取り合いの関係で地中に埋められず、地上に出てしまうこと。あまり美しくなく、物がぶつかって破損するリスクが高くなるなどの欠点はありますが、隣家との境界であり、人がほとんど入らないスペースです。玄関が収まらないことに比べればたいした問題ではないということでこの方法で行くようにお願いしました。

この問題で発覚したのは、Oさんの細かい部分のチェックが粗いこと。お風呂の排水スペースもなく、やはり一部基礎をはつる必要がありますし、2階の電気配線を引き回すスペースもなく、どこか梁に穴を開ける必要がでそうです。予定していたドアが入らないところもあり、これも既製品から特注品に変更です。

Oさん的には「図面でちゃんと指示してあり、それで収まるはず」というのですが、家なんて誤差が10mm程度はすぐに起きてしまうもの。現場を確認して修正、調整を取っていかなければならないはずなのに、なんだか現場の人とはあまりコミュニケーションが取れていない模様。これからも問題が起きないか非常に不安です。施主自ら細かくチェックして行くしかないのかなぁ。工務店任せの仕事しかした事のない建築家なら仕方がないのかもしれませんが、もともとの触れ込みが「分離発注の経験あり」なのですから、もっときちっとして欲しいものです。

2007年9月22日 (土)

サッシ来ました

ようやくですが、サッシも入り始めました。2階の配管も始まっています。

排水パイプの様子。
P1020782
床下の高さがないので、勾配もぎりぎりです。

2階の床は後回しになっていましたが、廊下の床は張り始めています。窓のサッシも入っています。
P1020795
白い板が立てかけてあるのは防蟻兼断熱材です。

リビングからベランダ方向を写した写真です。窓のサッシも入っています。P1020786 窓のサッシも入っています。ベランダの防水工事がまだなので、吐き出し窓はまだ入れられていません。

来週26日は中間検査です。これから建具、電気、設備、いろいろな人たちが入っていきます。サイディングも床も入ってきて、急に家らしくなっていくはずです。

2007年9月16日 (日)

屋根と外壁進行中

台風の被害もなく上棟も終わりました。秋雨が多く、構造材が何度も濡れてしまったのが気になります。強度に影響なく、後で石膏ボードに囲われてしまうとわかっていても、合板などは水にぬれた後、明らかにわかる黒ずみがあるのが残念です。まぁ、お天道様のすることなので仕方がないのですが。

大工工事は順調に(?)進んでいます。屋根の防水シートを貼って、外壁の合板も順調に進んでいます。
P1020760
図面と同じですが、実物が立ち上がってくるとなかなか感動ものです。

駅から帰ってきたときの俯瞰はこうなります。
P1020749_2
やはり大きい、かな?

新規駐車場になるところの足場管も外れました。
P1020736
写真では天井の板がまだ残っていますが、実際はこの板も取り外されています。

中間検査は雨で進捗が若干遅れたため、26日に延期。来週の初めにはサイディング、屋根材、サッシなどが入ってきます。そうすると、外から見た感じはほとんど出来上がりになりますね。

2007年9月 7日 (金)

建て方開始

台風が来る前に骨組みだけは組んでしまおうということで、建て方が始まりました。9月5日には上棟まで行ってしまいそうということで、仕事を休んで見学に行ってきました。今日は写真が多めです。

5日の朝の状況がこれ。
P1020606
すでに2階の骨組みと3階の床は終わり、3階の柱を立てていました。

景色はどうかな~、と3階から覗いてみました。
P1020609
かろうじてお隣の屋根より目線が高く、開けた景色を確保できています。

反対側を見ると、斜線規制をクリアする為に、隣の家よりもだいぶ床が低くなっているのがわかります。
P1020610_3

時折激しい雨が降り、一時は「もう今日はやらない」という連絡も入ったほどですが、雨は通り雨で止めば日も差すということで作業再開。それでも3度4度と雨に中断されたのと、斜め部分はプレカットされておらず、現場加工ということになっており、その作業効率の悪さから垂木を並べるところまでは行かず、3階の主要な梁を上げるところまでとなりました。

この日の最終段階がこれ。
P1020621
子供部屋のロフト部分の梁まで上がっています。高さを抑えているので、ロフト部分の屋根で隣の家と同じ高さです。

反対側から見た全景。
P1020629
こちらからだとロフト部分はほとんどわからないですね。この写真だと、晴天の中作業しているように見えますが、この日はほとんど曇天でした。

ロフトの高さからの景色だとこうなります。
P1020634
やはりこのくらいの景色は欲しいですね~。ロフトにこもろうかなー、って考えちゃいます。

この日は台風に備えて仮の筋交いを打ち増しして作業はおしまい。屋根まで上がるのは来週の火曜日の予定です。

2007年9月 2日 (日)

基礎完了!

さて、新規駐車場の下を除き型枠も取り外され、基礎はほぼ完了となりました。隣地との間のブロックも設置して、基礎構築のために掘られた土も埋め戻しがされています。

上の方から見た全景がこれ。
P1020523
型枠がなくなってすっきりした感じです。

下の方から見るとこんな感じ。
P1020541
新規駐車場の型枠とそれを抑えている足場管をはずすのはコンクリートの強度が出るのを待って10日の予定です。

隣地との境界にはブロックも施設されました。
P1020572
手前側は既存ブロックをどかしたり、その上にブロックを積みましたりするのは危険なので、敷地内側にブロックを積んでいます。そのためブロックがずれてしまっていますが仕方がないですね。あ、あっち向いて座っているのは息子です。

アプローチ部分。
P1020577
まだまだ土が丸見えであんまりきれいじゃありません。どんな外構にするかこれからのお楽しみ部分です。この日は猫のウンチを取り除いて、嫌猫剤を撒いてみました。白い粉みたいに見えるのがそうです。これでしばらく来ないでくれればいいのですが・・・

Oさんの方からは、大工さんも決まったという連絡も入り、9月4日からは建て方が始まります。上棟式は今週終わりくらい?なんとか都合をつけて現場入りしたいと考えています。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ