最近のトラックバック

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

地鎮祭

27日の日曜日は地鎮祭をしました。とはいっても神主さんを呼んでお祈りしてもらったわけではなく、自分達で手作りの地鎮祭です。

写真を撮ろうとデジカメを持っていったのですが、すっかり撮るのを忘れてしまいました。

やったことはいたって簡単。敷地の四隅に水と(洗った)お米とお塩を並べ、敷地の真中にもやはり水とお米とお塩、さらに尾頭付きの鯛と一対のお神酒と一対の榊を並べます。
A0012
四隅のお供え物に神社にお参りするのと同じ二礼二拍手一礼をします。最後に中央のお供え物に対しても同様に二礼二拍手一礼をしました。

これで本当にすべて正しいのかまでは分かりませんが、こういうのは気持ちの問題です。自分たちの家を作ることに対して謙虚にお参りすれば十分なのではないでしょうか?少なくとも、立会いもしないで神主さんにお願いするよりいいのかなと思っています。

2007年5月27日 (日)

工務店契約

木曜日にとうとう匠允建総(しょういんけんそう)と契約を取り交わしました。この日は私は仕事だったので、調印は奥様が代理。ちょっと説明聞いて判子押すだけと思っていたのですが、図面を見ながらの打ち合わせも始まり、4時間くらいかかったようです。

最低限体躯さえ決まっていれば良いと思ったのですが、サッシとお風呂はそうそうに注文を入れる必要があるということで、窓はさっさと確定する必要があるとのこと。2階(実質1階)の道から直接見えない窓で面格子が入っていないところがあったのですが、これは入れた方が良いようです。どの窓を透明にしてどの窓をすりガラスにするかもさっさと決める必要があります。入れる家具とかに合わせて窓位置も決めているので、結局家具位置までさっさと決めなきゃダメですね。

Oさんは、のんびりした所があって、変更をお願いしたところが反映されるのに時間がかかったりもしたのですが、匠允の担当してくれる水篠さんは「これはこのままじゃだめですよ、変えましょう」「これはこっちの方が安く上がります、変えましょう」とちゃっちゃっとした感じでした。

水篠さん曰く「よくこれ建築確認下りましたね」とのこと。横浜市内でいくつも仕事してきた水篠さんの経験でもなかなか建築確認の下りそうもない物件だったようです・・・。

6月4日には着工の予定。今日は自分達で地鎮祭を行ってきます。

2007年5月22日 (火)

工務店決定

20日の日曜にOさんと打ち合わせがあり、同じ日に工務店の方との面接がありました。行ってきた工務店は匠允建総(しょういんけんそう)というところで、現住所からも建築現場からも車で15分ほどの非常に近い場所にある工務店です。

見積りの方は、Oさんと工務店で交渉の結果、こちらから提示した額どおりとは行きませんでしたが、いろいろ勉強していただき、納得のいく範囲に入っています。面接の感じも非常に良い感じだったため、契約書にまだ判はついていませんが、口頭ではお願いしますと言ってきました。

面接をして大きな誤算だったのが、壁の材質。基本は普及版の一番安いクロスにして、要所要所にエコカラットを使用して吸湿性を得ようと考えていたのですが、アルプス漆喰にしてもクロスの2倍ちょっとの価格しかしないとのこと。エコカラットの単価が高いので、ホントにアクセントをつける部分のみに減らして、その分をアルプス漆喰に回せばほとんどの壁をアルプス漆喰にすることが出来ます。

他にもいろいろ抜けていたり気になっていることを聞いたりと話は続き、ここでお願いしようというように心を決めました。当初計画よりも段々工期が遅くなってきてしまっているので、木曜くらいには契約書を交わし、6月頭からいよいよ着工の予定です。

2007年5月17日 (木)

確認申請通りました!

さて、長々とかかった建築確認申請ですが、月曜日に無事、建築確認申請済証の交付を受けることが出来ました。

工務店選定の話としては、見積りが安めの工務店が武蔵野市の業者と同じ港南区内の業者で2軒あったのですが、何かと近い方が便利ということで2番目に安い方の業者を第一希望として選択。建築家のOさんの方で、見積りを精査しながら価格交渉をしていただき、だいぶ希望価格まで近づけることが出来ました。ほんとはもう少しお安くできると良かったのですが、手を抜かれても困りますし、こちらの想定している幅の中には入っているのでこのまま決定になるかな?と思っています。まだトータルの金額しか聞いていないので、今度の打ち合わせの時に詳細見積りを頂いて、工務店との打合わせまで済ませてしまう予定です。

お金の方もなかなか後回しになっていたのですが、銀行へ融資のお願いをしてきました。頭金をそれなりに用意しているので断られることはないと考えているのですが、審査が下りるよりも工務店との契約の方が先になりそうなのが若干リスクです。まぁ、これはなかなか銀行に連絡をつけなかった私が悪いのですが・・・。

以前、「建替えでこれだけ融資の追加をお願いしても平気ですかね?」と借りるだろう額よりずいぶん大目の金額を言っても「まぁ問題ないでしょう」という返事だったのでほとんど心配はしていません。

工務店との契約が終われば、建築家への中間金の支払いと工務店への前金の支払いをしていよいよ着工です。!

2007年5月 8日 (火)

途中経過

前回更新から一月経ってしまいましたが、建築確認がまだ下りていません!既存駐車場の扱いですったもんだしたり、平均地盤面の設定が二転三転したり、道路斜線の回りこみを事務員が理解していなかったりで天空図を何度も提出しなおしたりがあったそうです。そろそろ申請が下りそうなのですが・・・。

工務店の見積りの方も何社か相見積を取っているのですが、いずれもまだまだ予算オーバー。中身を詳細に比較して、安い部分をつぎはぎすればなんとかいい線になるので、分離発注を考えたり価格交渉をして価格を下げていくとのこと。

私たちとしても、DIYでできる部分はDIYで済ませるなど工賃を発生させない工夫が必要そうです。

まだまだ前途多難です!

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ