最近のトラックバック

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

三栄ハウス(2)

24日(月)に三栄ハウスは無事に地盤調査を行ったそうです。たまたま25日(火)に休暇を取っていたので、その日にプラン作りのヒアリングを行いました。

地盤調査は地面からの高低差が大きいところの一箇所(この写真の正面の方ですね。)のみを行ったそうですが、速報で支持地盤までの深さは3.5mほどとのこと。

youheki

擁壁がほぼ3mですから、擁壁がきっと盛り土なんでしょう。 写真じゃ分からないけれど、擁壁もブロック積みのところは外側に膨らんでいて、地震があったら危ないかもしれないといっていました・・・。

地下駐車場も役所の見解としては建築時の図面も無い様では例えコンクリート調査を行っても、建築確認は下ろせないとのこと。う~ん、丈夫そうなカルバートの駐車場ですが取り壊しになりそうです。また予算を圧迫しそうです。でももともと駐車場は2台分欲しかったので、どうせやり替えになるのなら2台分確保しちゃいましょう。お金は・・・まぁなんとかなるかな?

ヒアリングの結果、プランが出てくるのは5月3日の予定。ハウスメーカーには正直あまり期待していないのですが、どんなのが出てくるかはお楽しみです(*^-^*)

2006年4月23日 (日)

イメージ棚卸

先週はウィークエンドホームズ、三栄ハウスともにスケジュールの調整などは行いましたが、具体的な動きはありませんでした。その代わり、夫婦二人で雑誌を見たり持っている家具を確認したりと新しい家のイメージについて棚卸をしました。

夫婦二人で共通しているのはリビング中心の間仕切りの少ない家。個室に閉じこもるのではなくリビングでみんなで過ごす家です。最近はやりっちゃぁはやりですね。キッチンも閉じこもらないで動線を短くしようとすると基本はオープンキッチンです。せっかく眺望がいいので眺望を生かした2階をLDKにして、できればそれでおしまい。1階に寝室もトイレもお風呂もぜーんぶ持ってきちゃう。

でも、あんまり具体的には考えないようにしています。せっかく設計してもらうのですから、もちは餅屋。先入観を持たず、いろんなアイデアを受け入れたいなと思っています。

今週は三栄ホームズが敷地調査と私たちの意見のヒアリングをしてプランを練ってくれることになっています。プランが出るのは5月3日。いまから楽しみです。

2006年4月16日 (日)

三栄ハウス

へーベルを見に行ったときについでに寄った三栄ハウスですが、是非一度見学会を見に来てくださいってことだったので行ってきました。全国展開はしていなくて、神奈川の中堅ハウスメーカーです。

土曜日の朝に平沼橋の展示場に集合で、そこから大型バスに乗り換えてプレカット工場と研究所の見学です。参加者は大勢と聞いていたのですが、40人乗りくらいの大型バスに10人くらい。一人一列占有してもまだあまるくらいでした。(他の展示場からのバスはそれなりの人数だったようです。

三栄ハウスの特徴は、昔ながらの木造軸組み工法で外断熱を実現する事。柱や梁を無垢の太い材で安心の木の家ということをうたっていました。比較にしている従来の木造住宅というのが、バブル前の欠陥住宅みたいな家で、さすがにそれと比較すれば大概の家が立派になるんじゃないか?という感じはしましたが、まじめにやってる会社という雰囲気は伝わってきましたよ。

うちとしては、子供はバスに乗ってはしゃげるし、お弁当も食べられるしでちょっとしたレジャーのつもりで行ってきました。正直あてにはしてないのですが、一応プランを作ってみせてもらうことになっています。

2006年4月14日 (金)

再び地下駐車場

地下駐車場の建築確認の件でウィークエンドホームズのTさんからメールがあった。それによると、図面が残っていないので、仮にコンクリートや鉄骨の調査をしても役所の許可が下りないかもしれないとのこと。

なに~!ってことは取り壊せってこと?駐車場に過重をかけなければ建築確認に関係無いからっていってもそんなに土地は広くないんだから、駐車場に多少なりとも基礎をかけられなかったら、一体どこに建てろと・・・

まだ決定ではありませんが、かなりブルーです。どなたか良い知恵を・・・

2006年4月11日 (火)

コンペ申込

もう土曜日のことですが、設計コンペを開催するウィークエンドホームズのTさんに説明に来てもらいました。Tさんがうちに来るのは実は2回目で、そのときはまだ土地も決まっていない状態でしたが、ウィークエンドホームズの仕組みなどを教えてもらいました。

今回は、土地も決まったということで前回よりも具体的に今後の段取りなどをヒアリング。ここでもネックはやはり地下駐車場で、この駐車場を残しても建築確認が出るかどうかの調査が先に必要とのこと。コンペを実施していざ建築というときに駐車場の建築確認が降りなければ、それまでの設計が水の泡です。予算も大幅に狂います。
とはいえ、自力で駐車場の検査をやりきるのは至難の業です。そこはウィークエンドホームズに所属の建築士さんの力を借りて調査を進めることになりそうです。

駐車場の見込みがついて設計コンペとなったときに、ウィークエンドホームズでは2種類のコンペ方式があります。一つはオープンコンペで、物件を見た建築士が自由にコンペに参加するもの。最大30人の参加が可能で、いろいろな人のアイデアを見ることが出来ます。
もう一つが指名コンペで、あらかじめその物件のコンセプトが得意な建築家を数名選んでその中でコンペを行うもの。見ることのできるコンペ案は少なくなりますが、実現性の高い案が出やすくなります。

当然、いろいろな案の見られるオープンコンペを希望したのですが、Tさんは渋い顔。今回のように傾斜地かつ変形地かつローコストといった厳しい条件が重なる場合、その人の得意分野と合致しないと途中で設計変更になったり、しいてはコストが上がったりと「こんなはずではなかった」となってしまうリスクがあること。その為、ウィークエンドホームズで実績のある人をしぼって指名コンペの形にした方が良いかもしれないとのことでした。

どちらにするかは今後の打ち合わせ次第ですが、一生に何度もない家作りですから後悔しない方法を選んでいきたいと思います。

2006年4月 4日 (火)

RC地下駐車場の調査

週末の間に植木屋さんを呼んで、植栽に関してはばっさりと切ってしまいました。結局写真は撮らず仕舞い。まぁ、住んでいて思い入れのある家というわけではないですからね。おかげでうっそうとしていた庭がすっきりしました。猫の糞害がひどかったので、これで少しは収まると嬉しいのですが。

写真にもあるRC造の地下駐車場ですが、図面がありません。それどころか登記されていません!ですので家を建替える、ましてや上に建替える住宅の基礎が乗るということになれば、構造上問題がないか調査しなければなりません。どんな調査をすればいいのかは分かりませんが、超音波で鉄筋の様子を見たり、コンクリートの中性化を調べたりするんでしょうかね?

気になったので、コンクリート調査を Web で謳っている会社いくつかに、家を建替えるのだが、RC地下駐車場の調査にいくらくらいかかるのかとざっくり聞いてみました。どうやら、そのときの行政の気分次第で必要な調査の幅も変わるみたいですが40万から60万ってところでしょうか。うーん、こんなところでこれだけのお金が出て行くのは痛いですね~。でも、上に家を建てて崩落したら元もこうもないですから、必要経費と思うしかないでしょう。実際に調査をお願いした際にはまた報告しますね。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ